TOP 業務内容 STAFF LINK お問合せ

基本理念 企画設計 実施設計 工事監理 住宅検査 業務の流れ 古材活用 過去物件

・・・・・

--------------------

 

  古材活用  

 


 

『自然環境』との共生を大切にしている私達にとって、1つの取り組みとして

≪古材≫の活用

を推進しています。

住宅などの建物に関しても、その建材を『再利用』『再活用』することが、地球環境にとっても、より重要な要素となってくると思います。

「再利用」できる建材としてはやはり「自然素材」が中心となります。

耐久性などを売り物にした「化学製品」などは・・なかなか再利用が進みません。

≪自然素材≫って、やはりすばらしい存在なんですね。


 

◆古材の活用方法◆

具体的な「古材」の活用方法としては大きく分類すると2種類あります。

1)建物空間に建材「梁・柱・床」として活用。(装飾的利用も含む)

 

2)空間要素の家具・棚などとして活用。

以前は「戸建て住宅」での活用だけでしたが、いまでは特に「店舗施設」での導入が増えています。

また「マンション住宅」で活用すると個性溢れる住空間とすることができますので、すごくおすすめです。

 


 

≪憩い≫の空間創り


 

◆住宅「戸建て・マンション」空間に活用◆

通常の「建売戸建て住宅」や「マンション」などでは、本当の「自然素材」を利用した空間は、ほとんどありません。時代の「流行」によってデザイン傾向には違いがあるものの・・多くの場合は「規格品」といった印象の住宅空間となっています。

そんな空間にこそ、「古材」を活用したリフォームはおすすめです。

「旅館」や「避暑地」で過ごしているような、そんな「憩い」を日々感じられる空間となります。≪最大のポイント≫

 

◆賃貸アパート・マンションに活用◆

賃貸住宅市場は今後品質向上が推進していくと考えられます。「戸建ての賃貸」「分譲マンションと同仕様の賃貸」といったものも、増加していくことでしょう。

そんな中、立地特性として最優良物件はいいですが、通常立地での既存「賃貸住宅」において≪空室率≫増加は大きな課題となるはずです。

そこで良き対応策の1つが「古材活用のリフォーム」です。部屋空間の一部でも効果はあるかもしれません。「生涯賃貸住宅」で生活というライフスタイルは、確実に増加しています。

今後選ばれる「賃貸住宅」には・・≪憩い≫が最も大切な要素となるでしょう。

「古材」を活用したリフォームで、≪憩い≫を追加。自然環境を大切にした個性溢れる・・・「私だけの住環境」を創ってみませんか。

◆「店舗」「イベント」空間に活用◆

「癒し」「憩い」の要素を大切にしたい『飲食店』『物販店』での利用もおすすめです。建物空間に「古材利用」するのではなくても・・

≪椅子・テーブル≫≪カウンター≫≪什器≫など

に活用・導入するだけでも大きな「憩い」の効果を創造できます。

「古材」を加工して、「椅子」「テーブル」「カウンター」「什器」を企画・作成できます。


 

「古材活用」について、「質問」「ご相談」は気軽に下記からメールなどでご連絡ください。

≪お問合せ≫


◆古材の専門家と業務協定◆

「古材」を活用するにあたって、古材の品質もとても大切な要素です。

私達は、『古材鑑定士』である・・

- Ko・zai企画 -

との協力関係を築き・いただいております。「古材の流通・販売」「古材の買取」「古材活用した家具などの注文販売」といった、古材に関する様々な対応を豊富な経験をもって対応していただいている専門家です。

「古材利用した、椅子・家具だけでもほしい・・」

といったような場合には、無償で仲介させていただいていますので、お気軽にお問合せいただければと思います。

 

 

古物許可証 
神奈川県公安委員会 
第452570005400号


全国古材再生リサイクル協会認定 
古材鑑定士 登録番号 070095(1) 

全国古材再生リサイクル協会認定 
古材活用士 登録番号 070028(1) 

全国古材再生リサイクル協会認定 
循環型民家解体士 登録番号 070014(1) 

厚生労働省認可 
古材施工技術師 登録番号 KS040005 

福祉住環境コーディネーター2級
氏名 齊藤 勝

 


 

〒215-0011 神奈川県川崎市麻生区百合丘3-22-2-306 バウムプランニング一級建築士事務所

≪サイトマップ≫

- copyright(c)2006 baumplanning -